憂うつだった生理期間もトレーニングに集中できるように。 山階早姫(やましなさき)/フィンスイミング

2019.11.13|インテグロ

憂うつだった生理期間もトレーニングに集中できるように。 山階早姫(やましなさき)/フィンスイミング

山階早姫 Saki Yamashina/フィンスイミング

 

現在取り組んでいる競技内容と、その競技の魅力を教えてください。

フィンスイミングという、足に大きなヒレ(フィン)を付けてプールで泳ぐ競技をしています。

水中最速競技と言われているこの競技の見どころは、なんとといってもそのスピード感!

なんと、競泳の1.5倍以上のスピードが出るんですよ。

フィンスイミング 山階早姫

パフォーマンスを維持するため、日ごろから特に心がけていることは何ですか?

仕事をしながらの競技生活ですので、トレーニングができない日もあります。

プールに入れない日も、家でできるようなストレッチや軽い筋トレなどをして、毎日身体を動かすようにしています。

また、三食しっかり食べること、睡眠をしっかりとること。

このような当たり前のことを徹底することが、社会人アスリートとして最も心がけなければいけないことだと思っています。

フィンスイミング 水泳

トレーニングや試合、遠征のときに感じている、生理に関する困りごとや悩みごとについて教えてください。

生理用品がかさばることです!

1週分の生理用品をカバンに詰めると、それだけでかなりのスペースを使います。

また、海外遠征など、飛行機に十何時間も乗るような長距離移動時には、トイレに気軽に行けない環境が続きます。

不安とストレスを抱えながらの移動は、心身ともに疲れてしまいます。

トレーニングや大会時では、泳ぐときにはタンポンを使用していましたが、紐から水を吸収してしまい、タンポン自体が膨張して、それが漏れの原因になります。

陸上トレーニングでもナプキンのズレやむれが気になって集中できないこともありました。

 

生理カップや吸収型サニタリーショーツを使ってみていかがでしたか?

ナプキンを使わなくなって、「ずれる」「むれる」問題から解放されました!

生理カップは容量が多いので、最長12時間ほど交換の必要がなく、本当に生理を忘れることができます。

憂うつだった生理期間も全く気にせず、トレーニングに集中できるようになりました。

生理の日でもいつも通り、アクティブに過ごすことができます。

 

商品のおすすめポイントや、自分流の活用方法を教えてください。

経血の多い日は、スーパージェニーエヴァウェアの両使いです。

この組み合わせは、「安心×安心=とっても安心」して生活できます(笑)。

寝るときも、この両使いのおかげで、ぐっすり安眠できています。

カップは手のひらサイズなので、小さくて持ち運びも便利で、生理じゃない日でも、万が一に備えて、いつもカバンに入っています。

また、災害時避難用リュックの中にも一つ入れています。

 

今後の目標を教えてください。

私の大好きなフィンスイミングという競技を、もっともっとたくさんの人に知ってもらうことです。

いつか中学校の体育の教科書に載るようになって欲しいですね。

「義務教育で学ぶ=みんなが知っている」につながると思うからです。

その点は生理カップや経血吸収型サニタリーショーツも同じで、保健の教科書に載るようになるといいですよね。

そして私自身については、「日本代表」や「記録」にこだわり続けるのではなく、生涯スポーツとして楽しく、細く長く関わっていきたいです!

女子アスリート 月経

憂うつだった生理期間もトレーニングに集中できるように。 山階早姫(やましなさき)/フィンスイミング

Athlete Profile

山階早姫 Saki Yamashina/フィンスイミング

0歳8か月からプールに入り、7歳からは選手として本格的に水泳を始める。競泳引退後、24歳からフィンスイミングを始め、今年で日本代表8年目となる。リレーでの日本記録を保持。

 

愛用中のアイテム:スーパージェニー(スモール)、エヴァウェア