ひどい生理痛をどうにかしたい!病院に行くとどのような検査を受けるのか

2018.06.15

多くの女性が毎月経験している生理痛。

これまで2回にわたって生理痛のメカニズムや対処法をご紹介してきました。

毎回の生理で痛みを我慢しながら過ごしている女性は多いと思いますが、市販の鎮痛薬が効かなかったり、年々痛みが強くなっていたりと、あまりにも痛みがひどい場合は病院で診てもらう必要があるかもしれません。

しかし、病院に行くのって、ドキドキしますよね。初めてだとなおさらです。

そこで今回は、生理痛がひどくて病院に行く場合、どのような検査をおこなうのかについて詳しく説明してきます!

 

生理痛は痛くて当たり前ではない

生理痛があまりにもひどく、さらに痛みのほかにも吐き気や貧血、精神的な落ち込みなどで日常生活に支障をきたしている場合、「月経困難症」といえることはこれまでも説明してきました。

市販の鎮痛薬が生理痛の緩和に効く場合は良いのですが、もしそれらが効かない場合や、服薬する量が増えているのであればそれは問題です。

市販の薬が効かない場合は専門医からピルを処方してもらうと症状がかなり緩和されることが多いです。

10代のうちは病気がなくても生理痛が強い傾向があるので、気になる場合は診てもらうことをおすすめします。

そして20代以降で生理痛が年々ひどくなる場合は、特に子宮筋腫や子宮内膜症の子宮系の病気、そして骨盤内の感染などにかかっている可能性が高いので検査を受けてください。

生理痛で病院に行くのはおおげさな気がしますが、我慢することによって病気はどんどん進行していきます。

早めに適切な検査・処置を受けましょう。

 

放っておいてはいけない痛みや症状の例

では、生理痛の中でも特に放っておいてはいけない痛みや症状についてまとめてみました。

あくまでも一例ですので、これ以外にも気になる痛みがあったら専門医に相談することをおすすめします。

・市販の鎮痛薬が効かない生理痛

・生理以外の時も下腹部が痛い

・排便時や排尿時に肛門の奥が痛い

・立っているのもつらいほどに生理痛が強い

・生理が来るたびに学校や会社を休まざるを得ない

・性交時に肛門の奥が痛い

・年々生理痛が強くなっていく

・鎮痛薬の量が増えた

・経血量が多いまたは増えた

 

おもな検査について

まず、上記の項目に当てはまったり、それ以外にも気になることがあったら「産婦人科」を受診しましょう。

強い生理痛に対する検査項目と内容については以下の通りです。

尿検査

尿を採取することで細菌がないか、妊娠はしていないか、ホルモンの状態などが分かります。

血液検査

ホルモンの状態や貧血の有無を検査します。

性病検査

クラミジアや淋病に感染している可能性がある場合は、おりものを採取するなどして性病の検査をします。

超音波検査

子宮や卵巣の状態を観察するために超音波を用いて検査をします。

超音波を発する器具をお腹に当てるまたは膣内に入れて、体の中を画像として映す方法です。

CA125(卵巣癌腫瘍マーカー検査)

CA125は子宮内膜症の有無を調べるための検査です。

内容は通常の血液検査と同じですが、採血時に少し多めに採血し、腫瘍が良性か悪性かを判断するための腫瘍マーカー測定に用います。

これは卵巣癌を見つけるための検査ですが、子宮内膜症の診断や経過観察にも有効です。

MRI検査

磁石でできた筒の中に入り、磁気の力を利用して内臓をさまざまな角度から撮影する検査です。

ここでは卵巣や子宮などの状態を調べることができます。

 

他にも目的に合わせた検査があり、専門医は問診や内診から検査すべき項目を判断し、これらの検査を組み合わせて調べていきます。

尿検査のようなその場ですぐにできるような検査から、MRIなどの時間を要する検査まで内容は多岐にわたるので、診察の前は身体を清潔にし、着脱しやすくリラックスできる格好で行くのがよさそうですね!

これらの検査項目・内容を事前に把握しておけば、少しは気持ちに余裕を持って行けると思います。

 

強い生理痛(機能性月経困難症)の治療・対処方について

病気の場合は除き、強い生理痛に対してどのような治療が対処がなされるのかを整理していきます。

ここでは、病気が原因の生理痛は除き、若いうちによくみられるプロスタグランジン(痛みの原因物質)の過剰分泌が原因による生理痛のことを指します。

ピル

ピルは、子宮内膜の発育を抑える作用があり、通常の鎮痛薬が効かない場合に処方されることが多いです。

子宮内膜の発育が抑えられると子宮内膜が厚くならないため、プロスタグランジンの分泌が抑えられます。

それによって経血量も軽減され、生理痛には大きな効果を発揮します。

 

鎮痛薬

鎮痛薬は市販もされているので、比較的手軽に手に入れることができます。

これはプロスタグランジンの作用を抑える働きがあるので、生理痛に効果的と言えます。

ただし、これは痛みを感じる前に服薬したほうがより効果を発揮するため、生理がくる前から服薬することをおすすめします。

薬局でも簡単に購入することができますが、病院で処方された方が値段が安くなるので、余裕があったら処方箋を出してもらった方が良いかもしれません。

 

運動

生理痛は運動することによって緩和されることがあります。

しかし、アスリートのような身体を酷使するような激しい運動はかえって生理周期を遅らせたり、無月経を引き起こすことがあるので、適度な運動がポイントです

生理=安静というイメージが強いと思いますが、余裕があるならば身体を動かしてみましょう。

運動によるストレス解消が生理の症状を軽くすることもあります。

 

参考記事

毎月ちゃんと生理きてる?スポーツと生理にまつわる話。〜前編〜

毎月ちゃんと生理きてる?スポーツと生理にまつわる話。〜後編〜

 

温める

生理痛の原因に「冷え」が挙げられます。

したがって体温を上げることは生理痛の緩和に効果的です。

なるべく血行を良くすること(栄養や環境)を考え、特に冷える時は入浴やカイロ、腹巻きなどを利用して温めるようにしましょう。

生理期間の冷たいものの摂取は生理痛を強めることになるので注意しましょう。

また、カフェインも生理痛を強める作用があるので、生理期間中の摂取を控えることをおすすめします。

 

漢方薬

漢方にはさまざまな種類・効能があり、身体の冷えを改善させることもあります。

先に挙げた鎮痛薬やピルに抵抗がある方は、まず漢方を試してみるとよいかもしれません。

 

まとめ

長年生理と付き合っていると、「生理痛ごときで病院に行くなんて大げさ!」と思う女性も多いと思います。

しかし、「生理痛は痛くてなんぼ!」のものでもありません。

放っておくのは危険な痛みもあります。

今回は、婦人科でできる代表的な検査内容をご紹介しました。

少しでも生理期間を楽に過ごせるように、そして自身の身体を知る上でも定期的に検査を受けることをおすすめします。

「何か悪い病気が見つかったらどうしよう・・・。」と不安になるかもしれませんが、子宮がんや卵巣がんなどの子宮系疾患は早期発見・早期治療すれば治る率が高いと言われています。

少し勇気を出して婦人科を受診してみませんか?

 

参考記事

ひどい生理痛はなぜ起こるのか?

生理痛がひどい!それってもしかしたら月経困難症かも。