生理で漏れないようにするには?生理の出血量が多い人に伝えたい新しい生理ケア

2019.01.25

生理中、1日目、2日目の夜は、いつも血が漏れてパジャマや布団を汚してしまい、毎回毎回汚れを落とすのにもウンザリ・・・。

血が漏れないように寝る体制を気にして寝返りも打てず、熟睡できない・・・。

日中でも夜用のナプキンを使っている。ナプキンやタンポンが1時間もたない・・・。

なかなか自分の経血量を他の人と比較することはないと思いますが、このような人は「経血量が多い」といえます。

1回の生理の正常な経血量は20~140gとされています。

大さじ1杯は15gなので、少ない人は大さじ1杯ちょっと、多い人は大さじ9杯ちょっと。

正常な経血量の範囲でさえ、少ない人と多い人とでは、最大で7倍の差があることに驚きますよね。

そのため、生理に関する悩みは女性同士でも理解し合えないことが多いのです。

今回、経血量が多くて長年“漏れ”の悩みと向き合っている、二人の子供をもつゆうこさん(40代)が、ご自分の生理の悩みとその対処法を共有してくださるということでお話を伺いました。

 

いつも漏れが心配でした

生理中は、いつも漏れを気にしながら過ごしていることが最大のストレスです。

今まで経血量について他の人と話をしたことがなかったので、これが普通だと思っていましたが、どうやら私は経血量が非常に多い部類のようです(笑)。

出産を経験しており、その際に婦人科の先生に、経血量が多いことを相談して診察してもらいましたが、特に原因となる疾患はありませんでした。

ただ、昔から生理のときは漏れとの闘いで、どうしたら洋服やシーツを汚さないか、若いころから試行錯誤してきましたね。

夜寝るときはフル装備。さらにおねしょシートまで

夜寝るときは、「夜用ナプキン、タンポン、サニタリーショーツ、スパッツ、パジャマ」というフル装備でした。

それでも、生理1日目、2日目は朝起きると必ず漏れていて、パジャマ、シーツ、ひどいときには敷布団まで汚してしまうことがしょっしゅうありました。

忙しい朝の時間にあわてて洗濯して出かけるのが遅れたり、ゴシゴシ洗ってもなかなかきれいにならなかったり・・・。

ただでさえ生理で憂鬱なときに洗濯の手間まで増えたら、さらに気分が落ちますよね。

毎回毎回、布団を汚すのが嫌で、ここ数年は先ほどのフル装備にプラスして、なんと、子ども用のおねしょシートを使っていました・・・(笑)。

おねしょシートをシーツの下に敷いておけば、漏れたら経血のついたシーツは洗わなければいけませんが、敷布団を汚すことはないのでまだマシなんです。

 

新しい生理用品との出会いで、漏れの不安から解放

半年くらい前に職場の同僚から、生理カップ「エヴァカップ 」と吸収型サニタリーショーツ「エヴァウェア」を紹介されたんです。

サニタリーショーツと生理カップ

生理カップについては全く知らなくて、カップを初めて見たときには不安になりました。

その同僚が生理カップユーザーだったので、彼女が入れ方や取り出し方のコツを丁寧に教えてくれて・・・少しでも漏れの心配がなくなるならと期待してトライすることにしました。

実際にエヴァカップを使ってみたところ、確かにタンポンやナプキンに比べて長時間もつので、以前より改善しました。

でも、それでも経血量が多い私にはすぐに容量がいっぱいになってしまうんです。

そこで、生理カップと一緒に使ってみたのが、漏れた経血を吸収してくれるエヴァウェアです。

これで、カップから溢れて漏れてしまってもエヴァウェアが吸収してくれるので、以前のようにあわてて洋服を買いに走るなんてことはなくなりました(笑)。

私は、経血量の多い生理1日目〜3日目は、エヴァカップ + エヴァウェア + おりものシートで過ごしていますが、おりものシートが汚れる程度で済んでいます。

 

夜寝るときも、初めてエヴァカップとエヴァウェアで寝たときに、朝までぐっすり眠れたこと、朝起きて汚れたシーツをお洗濯しなくてよかったことに、感動したのを覚えています。

もうこれまでのようにシーツや敷布団を汚すことはなくなりましたよ。

 

私の場合、経血量が少なくなる4日目以降は、滑りが悪くてカップがやや挿入しにくいので、昼用ナプキンやタンポン + エヴァウェアで過ごしています。

ナプキンから経血が漏れても、エヴァウェアを履いていれば安心して過ごせます。

 

このように、エヴァカップとエヴァウェアを使い始めて半年以上経ち、自己流の新しい生理ケア方法が確立してきたところです。

以前は、1回の生理でタンポンを1箱使い切ることもありましたが、現在は使用しても2〜3本程度。

ナプキンも夜用ではなく昼用で間に合っています。

どちらかというと、おりものシートを使うことが増えたように感じます。

トータルで見ると、コスト削減にもつながっているのがうれしいですね。

 

経血量の多い女性を救うエヴァウェア

これまでは洋服やシーツを洗うのに時間がかかっていましたが、現在はお洗濯はエヴァウェアだけで済むので本当に楽です。

エヴァウェアは手洗いで経血を流したあとに洗濯機に入れて、他の洗濯物と一緒に洗っています。

これまで何度も繰り返し使用していますが、生地がしっかりしているので丈夫な印象です。

 

経血が染み込んだショーツを再び履くというのが個人的に嫌なので、エヴァウェアのみでは履いたことはまだありませんが、季節問わず、生理のたびにエヴァウェアを履いています。

暑いときは通常の下着と同じように「下着の中が汗をかいているなぁ。」と感じることもありますが、ひどいかぶれやかゆみはありません。

これまで私がやっていた生理中のナプキン、スパッツ、タイツなどの重ね着に比べたら、エヴァウェアはとても快適です。

私のように経血量が多くて、生理のたびに漏れることを心配しながら過ごしている人がいたら、ぜひ試してみてください。

一般的なサニタリーショーツに比べると値段もかなり高めですが、使ってみるとその価値がわかりますよ。

 

まとめ

ゆうこさんのお話はいかがでしたか?

経血量がそれほど多くない私にとって、同じ生理とはいえこんなに辛い思いをしている女性もいるのだということを知って、正直おどろきました。

一生涯の生理の回数は平均で456回、時間に換算するとなんと女性は7年間以上も生理の状態にいます。

もし、ゆうこさんと同じように経血量が多くて毎月の生理が憂鬱だったら、ぜひ一度生理カップとエヴァウェアを試してみてはいかがでしょうか?

一般的な生理カップの容量は24〜30mlくらいと、多い日用スーパータンポン(最大18ml前後)を超える容量がありますが、経血量の多い女性向けには、さらに容量の多い生理カップ「スーパージェニー」のラージサイズ41mlがあります。

今のところ、スーパージェニーエヴァウェアは、経血量の多い女性を救う最強の組み合わせだと思います。

 

関連記事:

もう生理で漏れない!最強の吸収型サニタリーショーツとは

漏れ、汚れはもう怖くない!本当におすすめのサニタリーショーツの使い方

ナプキンのいらない吸収型サニタリーショーツ。気になるけどゴワゴワしないの?

生理の血を吸収するナプキンいらずのサニタリーショーツの評価は?ユーザーのレビューをご紹介

生理の日の気分をあげたい!おしゃれでかわいい、おすすめのサニタリーショーツベスト5

インテグロ株式会社 アソシエイトディレクター・生理アドバイザー

1990年東京都生まれ。筑波大学大学院人間総合科学研究科体育学専攻、博士前期課程修了(研究分野:体育史スポーツ人類学)。在学中、カンボジアにてスポーツ指導や小学校体育科教育の普及にも従事。

3歳から水泳を始め、高校3年時に全国高校総体400m個人メドレー第3位。約18年間の競技生活を経て引退後、競泳選手として生理と向き合ってきた経験と、途上国生活で満足する生理用品に出会えず苦労した経験から、生理について他者と情報共有することや、生理用品の重要性を感じました。そして生理カップとの出会いをきっかけに、女性がより快適で自由に過ごせるように、そして分野問わず国内外でアクティブに活躍する女性たちをサポートしたいと思うようになりました。日本ではまだまだタブーとされている生理や女性の体についてもっとオープンに話せるような環境をつくっていきたいです。

・愛用の生理カップ:スーパージェニーのスモール(ブルー)

・愛用のサニタリーショーツ :ステインフリーのビキニ(ピンクドッツ)