的確な判断で空の安全を陰で支える 航空会社(総合職) 日野薫さん

2019.02.22|インテグロ

的確な判断で空の安全を陰で支える 航空会社(総合職) 日野薫さん

航空会社 総合職(入社5年目) 日野薫(ひのかおり)さん

小さいころから水泳を始め、大学卒業までは全国大会に出場する競泳選手として人生のほとんどを水の中で過ごす。大学卒業後、航空会社に入社。現在も趣味としてマスターズ水泳大会に出場している。結果ばかりにとらわれ張り詰めていた現役時代とは異なり、今は新しい仲間たちと共に心から水泳を楽しんでいる。

*愛用している生理用品:エヴァカップステインフリー(ピンクストライプ)、エヴァウェア

 

Her Life Style

広くてさまざまな人が集まる空港で、普段どのようなお仕事をされているのですか?

航空会社のオペレーションサービス課に所属しています。主に、空の安全を陰で支える仕事です。

ここでは、飛行機が飛ぶためのあらゆる情報を事前に確認し、出発・到着する飛行機の定時運航や、お客様と貨物の重量バランスを考えた搭載プランの管理、パイロットへの出発地・目的地の気象や最適な飛行航路の情報の提供、空港のゲートスケジュールの調整など、安全を大前提に総合的に管理する業務を担っています。

全てがスケジュール通りに進む日は比較的余裕がありますが、飛行機の遅延などのイレギュラーが発生すると、次にゲートを使用する予定の飛行機の出発も遅れるため、分単位でのスケジュール調整が必要になります。

常に関連部署と密にコミュニケーションを取りながら、状況に合わせた的確な判断とスピードが求められ、非常に緊張感のある仕事でもあります。

生理についてはなそう 日野薫さん

このお仕事のやりがいや魅力は何でしょうか?

華やかなイメージのキャビンアテンダントやグランドスタッフのように直接お客様と接する機会がほとんどないため、パイロットの方々に感謝される時がとても嬉しいです。

非常に専門性の高い仕事のため、慣れるまでは時間がかかり、最初の3年間は覚えることが多くて毎日本当に苦労しました。日々経験を積んで5年目の今ではできることが増え、ようやく自分に自信を持てるようになりました。OJTトレーナーとして後輩たちにレクチャーを行うような機会も増えて、自分が必要とされ、頼りにされているんだと感じる時に一番のやりがいを感じます。また、仕事を通していろんな人に出会えることがとても楽しいです。

 

オフの日はどのように過ごしていますか?

仕事がシフト勤務のため非常に不規則で、さらにデスクワーク中心のため1日8時間の勤務中はほとんど座っています。仕事にようやく慣れて、時間や気持ちに余裕ができ始めた1年半くらい前から、週1~2回ホットヨガに通っています。これまでずっと水泳をしてきたため、水泳以外の運動をどのように始めたらいいのか分からなかったのですが(苦笑)、たまたま通りかかったスタジオの体験レッスンに行ったら、ハマってしまいましたね。ホットヨガは汗を大量にかくので、本当にすっきりします。私にはとても合っているようです。

あとは海外旅行が好きです。特に中国が大好きでもう10回くらい行きました。周りに中国好きの人があまりいないので、いつも一人旅が多いですね(笑)中国の好きなところは、いい意味で”常識“というものが存在しないところです。みんなが周りの目を気にせず道路で大きな声で歌っていたり、もくもくとダンスしていたり・・・みんながやりたいことを自由にやっていて、それをお互いに全く気にしていないのか受け入れているのかわかりませんが、そんな自由な中国の人たちを見ていると、私も完全に解放されて自由に過ごすことができるんです。

生理について話そう 日野薫さん

最近のお気に入りグッズがあれば教えてください。

TANGLE TEEZERという、PLAZAで買った海外製のヘアブラシですね。絶対に髪が引っ掛からないヘアブラシなんです。見た目がパソコンのマウスに似ているので、パソコンの近くに置いておくと間違える人がいるんですよ。2800円とヘアブラシにしては高価でしたが、思いきって大人買いしてみたところ、今では使い易くて手放せません。

生理について話そう 日野薫さん 生理について話そう 日野薫さん

 

Her Period

生理について悩みはありますか?

私の場合、生理痛や気分の落ち込みなどはない代わりに、1〜2日目の経血量が非常に多いことが悩みです。その代わりに3日目以降はかなり量が減り、5日目にはほぼ終わっています。

1日中デスクワークかつ、自由に席をはずすことができないため、業務中に経血が漏れていないかが心配でした。ナプキンとタンポンの併用が基本スタイルですが、それでも2時間おきに取りかえないといけないのが大変です。タンポンは一番大きいサイズのものを昔から使用しています。

3日目以降は一気に量が減り、タンポンは必要なくなります。一気に減るといっても、おりものシートでは足りないけどナプキンだと十分すぎるくらいの量なので、いつもどちらをつけるか悩んで、結局ナプキンをつけるので「もったいないなぁ」といつも感じていました。

女性が多い職場にも関わらず、お互いに生理について話すことはなく自己流の対処法が果たして正解なのかも分かりません。

競泳選手時代は、タンポンが手放せなかったですね。でもタンポンをしていても紐から伝ってしまうことや紐が水着から出ていないかが心配で本当に嫌でした。いつも、万が一のためにタオルをおしりの下に敷いていました。

 

生理カップやサニタリーショーツを使ってみてどうでしたか?

水泳仲間にエヴァカップを勧められて使ってみたところ、気に入ってしまいました。経血量が一気に減る3日目以降は生理であることを忘れてしまうので、「2日間で生理が終わった感覚」になり、気持ちがとても楽になりました。竸技をしていた頃にカップと出会いたかったです。競泳選手ならぜひ使い方を早く身に付けて、生理の時も競技に集中してもらえたらいいなと思います。

今は、ホットヨガのときにスパッツを愛用しているのですが、シルエット的にショーツやナプキンなどのラインが見えてしまうことが嫌で、生理が終わるまではヨガを控えていました。でもエヴァカップのおかげで生理中でも気にすることなく通えるようになったのがうれしいです。

生理がもうすぐ始まるかなという日には、ステインフリーを履いています。万一粗相があって少し汚れでも、手洗いですぐに汚れが落ちるのですごく助かっています。

吸収型サニタリーショーツのエヴァウェアについては、最初に経血を吸収するショーツだと聞いたときには、「本当に大丈夫なの??」と半信半疑でしたが、実際に履いてみたら想像以上にすごくて、生理だということを忘れられることがうれしかったです。ナプキンのような装着感がなくなるし生理用品を持ち歩く必要もないし、うっかり生理用ポーチを忘れてしまったときに、あわててコンビニに走って生理用品を買うということもなくなりました。

エヴァウェアは肌触りとフィット感がよいので、シーズン問わず、生理のたびにはいています。肌のかぶれなどはありません。よく使うのは経血量が一気に減る生理の3日目以降。そのときにもよりますが、3日目でもエヴァウェアのみで過ごせることもあります。これまではナプキンのラインや経血漏れが気になって生理中のホットヨガを控えていましたが、期間関係なく通えるようになりました!

経血量が非常に多い1〜2日目は、ナプキンやタンポンや生理カップと、エヴァウェアを併用することもあります。

エヴァウェアはほかの生理用品を併用しなくても漏れない安心感があるので、私の場合は生理が3日で終わる感覚を得ました。ナプキンを持ち歩く必要もなくなったので助かっています。総合的に、使用するナプキンの量は減りました。

 

Her Message

生理についてメッセージをお願いします。

「生理が順調に来るということは体調が良いという証拠」であるなら、生理のときをもっと前向きに楽しめるようになったらいいですよね。私はエヴァカップと出会ったとき、カップの色やかわいいポーチが気に入り、そのとき初めて、生理用品がかわいいというだけで生理が楽しみになることに気がついたんです。これからもいろんな生理用品の情報をみんなと共有できたら、生理が来るのがもっと楽しみになると思います。

今回、あらためて、「生理について話そう!」というテーマを考えたときに、女性同士だけでなく男性にも一緒に考えてもらえたらいいなと感じました。

日本では男女雇用機会均等法の制定によって女性の働く機会は増えました。そのとき、「性別による仕事や待遇の差をつけない」という考え方が生まれ、女性に男性と同じような働き方を企業側が要求するようになった、という印象があります。女性には子供を産む機能が備わっていて、そのために毎月定期的に排卵し生理があり、結婚すれば妊娠し子供を産み母乳を与えて育てるという役割があります。この男女の体の機能の違いを無視して、男性と同じように働くことはできません。実際、今の日本では「男性と同じように働きたい」と望んでいる女性は一部しかいないのではないかと感じています。社会全体が生理を含め女性の生殖機能について正しく理解することで、本当に女性がいきいきと働きやすい環境をつくることができるのではないでしょうか。

今まで、生理は女性の間でも「秘め事」というイメージでしたが、インテグロさんのブログ記事「男の私が生理用品のナプキンを試してみた」を書かれた方のように、男性にも女性の体や生理のことを考えてくれる人がいるということを知って本当にうれしく思いました。私は、生理のことを女性同士の話題で終わらせることなく、男性にも生理のことを知ってほしいという願いもこめて、「生理についてもっと話そう」に賛同します!

 

Her Dream

今後の夢や目標を教えてください。

中国や東南アジアが好きなので、もっともっと海外旅行にたくさん行きたいと思っています。また、今の会社では、海外駐在の機会も多いので、私もいつか海外で働き、そこで生活してみたいと考えています。

生理について話そう 日野薫さん