【生理について話そう】家族を守り、支えるママの背中を子どもに見せたい 食品製造工場勤務 金城愛実さん

2019.03.26|インテグロ

【生理について話そう】家族を守り、支えるママの背中を子どもに見せたい 食品製造工場勤務  金城愛実さん

工場勤務(食品製造)/2人の子ども(1歳・3歳)の子育て中  金城愛実(きんじょうめぐみ)さん 

小さいころから大学生まではシンクロ選手として活躍。大学卒業後に就職した会社では、営業として多くのお客さんと接する。結婚・妊娠を機に仕事から離れ、出産後は2人の子どもの育児に奮闘。しばらく育児中心の生活を送っていたが、「誰かの役に立ちたい、もっと外へ出ていろいろな人と接したい」と思うようになり、数年ぶりに就職。育児と仕事で多忙な日々を、持ち前の明るさとシンクロ時代に培ったガッツで一生懸命にこなしつつ、子どもたちの成長を楽しんでいる。 

*愛用している生理用品:エヴァカップ(ピンク) 

 

Her Life Style 

現在はどのような生活を送っているのですか?  

子ども2人の育児のためずっと家にいる生活でしたが、「仕事がしたい!」という気持ちが芽生え、2018年10月から正社員として工場で働くことになりました。産後は正社員の立場で働くことをあきらめていたのですが、幸いにも、女性の社会進出を応援してくれる職場と出会えました。土日祝日と水曜日の週休3日制で、正社員として働かせてもらっています。

仕事がある日は朝8時ごろに子どもを保育園に送り、そのまま出勤。17時半まで勤務をしたあと、18時ごろに再び保育園に子どもを迎えに行きます。買い物やお風呂、ご飯作りなどをバタバタとこなしていると、あっという間に1日が終わります。そのころにはもうクタクタで…最近は子どもを寝かしつけるのと一緒に寝てしまいます。水曜日の休みがなかったら身体がもたなかったかもしれないので、子育てに理解のある職場には本当に感謝しています。 

生理について話そう 金城愛実さん

新しく始めた仕事では主にどのようなことをしているのでしょうか? 

社会問題にもなっている「食品ロス」を減らすため、業者から送られてきた食品(主に乾物)から異物を取り除き、安全に食べられる状態にする仕事をしています。仕事を始めたばかりですし、オープニングスタッフとして採用されたので、まだまだ分からないことだらけで、一緒に働く方々と試行錯誤しています。毎日目まぐるしく大変ですが、外に出て人と関わるのは、家にずっといるより楽しいと感じています。

 

子育てと仕事の両立は大変だと思いますが、現在の生活でのやりがいはなんですか? 

何といっても、子どもたち2人の成長を見ていけることです。子育てには正解がないからこそ不安もありますが、できなかったことができるようになる瞬間はうれしいし、それが自分の子どもだと思うと不思議な気持ちにもなります。2人ともまだ幼いのに性格も特徴も全く違うので、見ていてとても面白いです。

子育てしかしていなかったころは、大人とは誰とも話さない日も多かったので、本当に辛かったです。家事や育児は終わりがなく、虚しさでいっぱいでした。1日があっという間に過ぎ、慣れてくると日々の達成感もなくなるので、そのあたりから外に出ることを意識し始めたと思います。今は体力的には辛くても、虚しさや寂しさはありません。

 

休みの日は何をされていますか? 

家族の時間を特に大事にしています。忙しい夫が休みを取れたときは、夫婦2人でランチをし、ゆっくりといろいろな話をするのがとても貴重な時間です。なかなか1人の時間はもてませんが、映画鑑賞が唯一の癒しタイムかな。たまに友達が遊びに来てくれるので、そのときは学生時代に戻った気持ちになってリフレッシュできます。

生理について話そう 金城愛実さん

Her Period 

生理について悩みはありますか? 

とにかく経血の量が多いことが悩みです。長年タンポンユーザーでしたが、紐があまり好きではありませんでした。紐が濡れるのが嫌なので、入浴時はつけないようにしていましたが、そうするとお風呂から上がった後が大変なんですよね。せっかく身体をきれいにしたのに、拭いている間にまた汚れてしまう…。お風呂のたびにストレスを感じていました。

特に2〜3日目が多く、タンポンだけでは足りないのでナプキンも併用していました。生理痛に関しては腰が痛くなるタイプです。痛いといっても薬を飲むほどではなく、とにかく経血量の多さに困っていました。 

 

シンクロ選手時代に苦労したことはありますか? 

シンクロは(現在は男性選手もいますが)、もともと女性の種目ですし、指導者もほぼ女性なので生理について理解があると思うかもしれませんが、選手同士や指導者との間で生理について話すことはありませんでした。それどころか、中学生のころは生理を恥ずかしいと思っていたので、隠すのに必死でしたね。

シンクロは練習後、スピーカーやデッキなどの練習道具をみんなで片付ける時間があるんですけど、生理中はその時間が本当に地獄でした。片付けの最中に経血がどんどん垂れてきてしまうのです。

高校生になると練習の激しさが原因か、ほとんど生理がこなかったですね。当時は「生理がこなくてラッキー!」と思っていました。そうなると選手を辞めても生理が何年もこなくて…最近ようやく周期が安定してきました(苦笑) 。

 

生理カップを使ってみてどうでしたか 

姉が以前から生理カップを使用していたので、その存在は知っていましたが、試したことはありませんでした。たまたま友人に勧められたのがきっかけで、初めて生理カップを使ってみました。カップを使用したところ、タンポンとナプキンを併用していたころよりも経血漏れが減り、快適になりました。最初はカップの着脱に苦労しましたが、何回か使用したら適切な挿入位置が分かり、それ以降は上手に使えています。

現在も、量が多いときはカップとナプキンを併用していますが、ナプキンにつく経血の量が、タンポンを使用していたときよりも格段に減りました。カップを使うことで、生理の後半はナプキンが不要になるのでゴミが減ってうれしいです。また、タンポンはナプキンに比べて割高ですから、タンポンを買わなくてよくなったことで家計にもやさしく、助かっています。 

 

愛用中のカップについて教えてください。 

私はエヴァカップを使用しています。出産経験があり、経血量の多さに困っていたのでラージサイズにしました。色は身体が暖かくなるイメージでピンクを選びました。

タンポンすら使用したことのない方にとって、カップはハードルが高く感じるかもしれませんが、何事も慣れです。もちろん、出産経験がない方でも十分に使いこなせるようになると思います。 

私はカップから得られるメリットが多いと感じました。ぜひみなさんにも挑戦してもらいたいです。生理は長年付き合っていくものなので早ければ早いほど良いですよね。シンクロをやっていたころに出会いたかったです! 

 

Her Message 

生理について、メッセージをお願いします。

「生理は恥ずかしい」と思い、ひたすら隠していた中高時代を振り返ってみると、なぜあんなにも隠そうとしていたのか、誰とも話さなかったのか、今となっては理解できません。よく考えたら、全く恥ずかしがることではないですよね。生理のときの体調や工夫について、周りと共有することができていたら、当時あんなに苦労することはなかったと思います。自分自身も気持ちが楽になっていただろうし、もっと周りの女の子たちを気づかうことができていたのに…。 

生理については情報をオープンにして男性も理解した方が、お互い仲良く幸せに過ごせると思います。そのためにはまず、女性同士でもっと情報共有するべき。そうすれば、より生きやすい世の中になるはずです。長年女性に囲まれた環境にいたからこそ、今あらためてそう感じます。 

生理について話そう 金城愛実さん

水球選手のご主人とシンクロ選手の愛実さんの結婚式のウェルカムボード♡

Her Dream

今後の夢や目標を教えてください。 

実は今までは、お嫁さんになって家庭を持つことが夢で、夫を支えることが幸せだと考えていました。しかし、それは自己犠牲が多く、自分の理想と現実が違うことに気がついたんです。最近は夫婦それぞれのやりたいことや、夢の実現にむけて一緒に支え合い、高め合っていこう、という方向に変えました。
私自身も、主人に負けないようにチャレンジし続けたいと思いますし、がんばっているママの背中を子どもたちに見せていきたいと思います。

マッサージなど「人をケアすること」に興味があるので、いつかもっと時間に余裕ができたら勉強したいという夢も持っています。 これからは家族を守り、支えながらも充足感のある日々を全力で送っていくのが目標です。

生理について話そう 金城愛実さん