生理って何?

女性は生まれたときに、卵巣の中に卵胞のもと(原子卵胞)を約200万個も持っています。そして思春期になって子宮や卵巣が成熟してくると、卵巣から分泌される女性ホルモンの働きによって一定のサイクルで、妊娠に必要な成熟した卵胞が、毎月ひとつずつ排出されるようになります。これが排卵です。

排卵がおこると、受精卵を育てる部屋にあたる子宮は、子宮の内側にある子宮内膜を厚く膨らませて、受精卵を受け止める準備を始めます。生理前になると子宮内膜は約1cmほどまでになりますが、卵子が受精しなかった場合、いらなくなった内膜はこわされ、溶けて血液といっしょにはがれて体外に排出されます。これが「生理」です。つまり「生理がある」ということは、「受精し妊娠したときに赤ちゃんが宿る準備ができている状態」ということです。はがれた層の下には、また新たに組織をつくりだす層(基底層)があるので、また次の月になると新たに組織をつくり出し、内膜を厚くしていきます。これが子宮のなかで、女性ホルモンの働きによって毎月繰り返されているのが「生理」なのです。


生理痛はなぜおこるの?

生理中は、子宮を収縮させ、はがれ落ちた子宮内膜を血液と共に体外に押し出す働きをするプロスタグランジンという物質が分泌されます。この分泌が多いと、子宮の収縮が過剰になって陣痛のような下腹部や腰の痛みの原因になります。このプロスタグランジンには痛みを強めるなどの作用があるので、頭痛や腰痛の原因にもなります。

さらに、体が冷えると、血液に循環が悪くなり、痛みの元となるプロスタグランジンが骨盤内で滞ってしまうので、痛みが強くなります。生理中の体温は生理前より下がるうえ、プロスタグランジンの働きで血管が収縮するので、血行が悪く、体は冷えやすい状態です。ひざ掛けを使ったり、カイロを貼ったりして、下腹部や腰を冷やさないようにしましょう。

また、若い女性や出産経験のない女性に多い原因として、子宮の出口が狭いために、経血がスムーズに外に流れにくいことから痛みを感じます。出産を経験すると、子宮の出口が広がるため、生理痛が軽くなる場合もあります。


生理はいつから始まっていつまで続くの?

初潮の平均年齢は12.3才、閉経の平均年齢は50.5才です。

生理が始まる時期と終わる時期には、女性ホルモンが大きく関わっています。女性ホルモンの分泌量は7~8才から少しずつ増え始めて、やがて初潮を迎え、赤ちゃんをつくることができる体になります。

初潮から20才くらいまでどんどん女性ホルモンの分泌量は増加していき、20代になると女性ホルモンの分泌がピークに達します。20代〜30代前半は、肉体的には妊娠・出産をするのに最も適した時期といえます。

30代後半から少しずつ女性ホルモンの分泌は減少しはじめ、40代になると生理に変化が現れてきます。生理の周期が一定でなくなったり、経血量が少なくなったり、生理の日数が短くなったり長くなったり、生理が来ない月があったりと、生理不順が起こります。そして赤ちゃんをつくることのできる時期が過ぎると女性ホルモンの分泌が止まり、やがて閉経を迎えます。