生理カップの煮沸消毒って必要?カップを長く使用するためのメンテナンス方法についてご紹介

2018.07.16

アメリカ発、鈴のような形のカップに経血を溜めて使用する生理カップは、ナプキンやタンポンに変わる新しい生理用品として、日本でも徐々にユーザーが増えてきました。

今回は、生理カップを初めて手にとった方や、まだ使い始めて間もない方に向けて、生理カップの準備・保存方法についてご紹介したいと思います。

サイズの選び方やカップの折りたたみ方、挿入・取り外しの仕方等は過去の記事でも取り上げてきたので、これまで詳しくご紹介していなかった「カップの準備・保存方法」について、特に「煮沸」に注目します。

生理カップの使用に慣れてきた方も、このタイミングでいまいちど確認していきましょう。

 

参考記事

新しい生理用品「生理カップ」とは?メリットとデメリット

体の中に入れて使用する生理カップの素材、本当に安全なの??

生理カップにはサイズがある。初めての生理カップのサイズの選び方とは?

おすすめの生理カップは?形、サイズ、使いやすさを比較してみた。

生理カップを使用しはじめたころ直面する問題点とその解決法をご紹介!入れ方編

生理カップを使用しはじめたころに直面する問題点とその解決法をご紹介!取り出し方編

 

生理カップが他の生理用品と異なる点

多くの女性が使用している生理用品、主に「ナプキン」や「タンポン」は一度使ったらゴミ箱に捨てるという使い捨てのものが主流となっていて、今まで私たちは何も考えずにいつも生理のたびにトイレにあるゴミ箱に捨ててきましたよね。

現在、新しい生理用品として注目を集めている生理カップは、他の生理用品と比べて「繰り返し使える」ということが大きな特徴だと言えます。

使用方法にもよりますが、医療用シリコーン100%のカップの場合にはその寿命は約10年間。

でもやはりメインテナンスを雑してしまうと、その寿命は短くなってしまいます。

せっかくなら長く大切に使いたいですよね。

長く使えば使うほどエコにもなり、地球に優しい生活ができます。

では、なるべく長く使うためにするべきメンテナンス方法について詳しくご紹介します。

 

参考記事

人生で生理にかかる費用って一体どのくらいなの? 生理用品別でシミュレーションしてみた

 

使用前の準備と、使用後のお手入れとして

生理カップを箱から出し初めて手にとる際、まずはカップ全体を観察し、縁部分(リム)にある空気穴がきちんと空いているかを確認してみてください。

確認後または生理の直前に「煮沸消毒」をおこないます。

「煮沸消毒は必ずしないといけないの?」という声もありますが、感染予防のためにも生理サイクルごとに使用前と使用後に行うようにしてください。

特に夏のムシムシする時期はあらゆる細菌が繁殖しやすいので、煮沸作業は面倒くさがらずに必ず行いましょう。

 

煮沸消毒ってなに?

煮沸消毒とひとことにいっても、何をどのくらいやればいいのかイマイチ分かりませんよね。

デジタル大辞泉によると「煮沸」とは「煮立てること。ぐらぐら煮ること。」とあります。

かなり曖昧な表現ですよね。

煮沸消毒は簡単にでき、効果のある消毒方法で細菌やウイルスを殺滅するのに有効といわれています。

 

煮沸消毒ってどうやるの?詳しい手順について

生理カップ(エヴァカップスーパージェニー)と一緒に入っている説明書には

「鍋を水で沸騰させた後、カップを入れ10分間ほど煮沸消毒してください。」と記載されています。

電子レンジで煮沸する方法もあり、その場合は「耐熱容器にカップを入れ水に浸し、電子レンジで数分間煮沸します。」

との説明があります。

どうしても沸騰するまでの時間が持てない方は電子レンジの方法が有効かと思いますが、今回は一般的な鍋を使用した煮沸消毒の仕方をご紹介します。

 

①鍋を用意します。

鍋は大きすぎず小さすぎず、大きさよりも深さが重要だと思います。

鍋に水を入れますが、このときカップがすべて水に浸る程度の水量にしてください。

月経カップの煮沸消毒

カップの一部が水から出ていたら効果が得られません。

↓このように一度カップを入れてカップが十分に水に浸る水量を調節してみてください。

月桂カップの煮沸消毒

※水に浸ることを確認したら一度カップは取り出します。

 

②鍋を火にかけ沸騰したらカップを入れます。(またはIHのスイッチをオン!)

鍋を温めましょう。

沸々と沸騰してきたら、カップを鍋の中に入れましょう。(10分間)

写真手前の赤いカップのように、沸騰したお湯によってカップがどんどん水面にあがってきてしまいます。

月経カップの煮沸消毒

菜箸などをうまく使い、カップを泳がせるようなイメージで全体がお湯に触れるように調節してあげてください。

このとき、カップが破損しないように、カップが鍋底や鍋の側面にずっと触れた状態にならないように注意しましょう。

なるべく見守っていてあげてくださいね。

 

③10分後、火を止めてカップを取り出します。

約10分間煮沸したのち、火を止めます。

ザルなどを使用し鍋のお湯を捨て、カップを取り出しましょう。

このとき、お湯の蒸気や、熱くなったカップによるやけどには十分注意してくださいね。

 

④水で軽くゆすいで水気を取ります。

熱くなったカップをやけどに注意しながら水で軽くゆすぎましょう。

ゆすいだ後は水気を切り、キッチンペーパーやタオル等で軽く拭きましょう。

以上で煮沸消毒は終了です。

 

⑤乾燥させ、保管します。

カップの水気を切ったあとは、そのまま専用の袋に入れるのではなく、清潔な場所に置くなどして完全に乾燥させてください。

生理カップの使い方

次の生理がくるまで保管する場合には、完全に乾燥したことを確認してから保管しましょう。

保管についてですが、乾燥しきらないままの保管、密閉されるような袋やプラスチックケースへの保管はしないようにしてください

カビが生える原因になります。

エヴァカップとスーパージェニーの箱の中にはカップ収納用のポーチが付属されています。

生理カップの使い方

 

あの台所用品で、煮沸が簡単になります。

具体的な煮沸消毒の方法についてご紹介しましたが、菜箸だけで10分間ずっとカップを泳がしているのは、熱くて大変ですよね。

そんなとき、あの台所用品が大活躍します。

月経カップの煮沸消毒

こちら、味噌をとく時などに使うものですが、100均などでも簡単に手に入ります。

これを使用すると、鍋とカップが直接触れることがないので煮沸しやすくなりますよ。

月経カップの煮沸消毒

このようにセットして行ってみてください。

 

その他の注意点

今回は「煮沸消毒」に注目して生理カップのメンテナンスの方法をご紹介しましたが、そのほかにもカップを清潔に保つための注意点をいくつかご紹介します。

①カップは高温・多湿な場所や直射日光を避けて清潔な場所に保管するようにしましょう。日本は非常に湿度が高い国です。特に湿度が上昇する梅雨の時期は、カビがはえないように注意しましょう。

②エヴァカップやスーパージェニーに使用されているシリコーンは耐久性に優れていますが、定期的にひび割れやべたつき、変色などの劣化がないかチェックをしてみてください。万が一劣化や破損の兆候がある場合は使用を中止してください。

③膣内に挿入して使用するものなので、キッチン用の漂白剤などの強い薬品を使用することは絶対にしないでください。

④カップを保管する際は、ペットや乳幼児の手の届かない場所に保管するようにしてください。

 

まとめ

煮沸消毒ってよく耳にしますが、実際にやってみるとなると「どうやるの?」「何分くらい?」など、分からない点がいくつかあると思います。

今回は「生理カップの煮沸消毒の方法」に注目し、カップをより安全に長く使用するためのメンテナンス方法についてご紹介しました。

冒頭で述べたように、生理カップの寿命は最大で約10年間です。

しかし、使い方・保管方法によっては、1年間でだめになってしまう可能性もあります。

お財布にも、地球環境にも優しい生活を送るために、ぜひ生理カップを大事に使用していきましょう。

なお、生理カップは「個人衛生用品」です。

定期的に生理カップの状態(ひび割れ・べたつき・匂い・色など)をチェックすることを忘れずに、みなさんひとりひとりの責任において、新しい製品への取り替え時期を判断し、安全に使用しましょう。