月経カップは何歳から使えるの?

月経カップは何歳から使えるの?

「月経カップは何歳から使えるの?」 これは娘をもつお母さんからよく聞かれる質問です。 その答えは、「はじめての生理がきたと...

MORE

ライター・監修者 一覧

増田 美加さんのプロフィール写真

増田 美加

女性医療ジャーナリスト。当事者視点に立った女性のヘルスケアや医療について執筆、講演を行う。乳がんサバイバーでもあり、がんやがん検診の啓発活動を行う。著書に『もう我慢しない!おしもの悩み 40代からの女の選択』(オークラ出版)ほか多数。NPO法人女性医療ネットワーク理事、NPO法人医学ジャーナリスト協会会員。http://office-mikamasuda.com/

宗田 聡先生のプロフィール写真

宗田 聡

産婦人科医、医学博士、広尾レディース院長。筑波大学を卒業後、1997年より筑波大学講師として、臨床・研究 ・教育に従事。2003年から水戸済生会総合病院にて産婦人科部長、茨城県周産期センター長を務める傍ら、筑波大学産婦人科臨床准教授を兼任。2012年より広尾レディースの院長に。現在は茨城県立医療大学客員教授、筑波大学や慈恵会医科大学の非常勤講師を兼任。著書に『31歳からの子宮の教科書』などがある。www.hiroo-ladies.com

宋 美玄(そん みひょん)先生のプロフィール写真

宋 美玄(そん みひょん)

産婦人科医、医学博士。大阪大学医学部医学科卒業。丸の内の森レディースクリニックの院長として周産期医療、女性医療に従事する傍ら、テレビ、書籍、雑誌などでセックスや女性の性などについて、女医の立場からの積極的な啓蒙活動を行う。主な著書に、ベストセラーとなった「女医が教える本当に気持ちいいセックス」がある。一般社団法人ウィメンズヘルスリテラシー協会代表理事。https://www.moricli.jp/

江夏 亜希子先生のプロフィール写真

江夏 亜希子

鳥取大学卒業後、鳥取大学産婦人科に入局。鳥取大学医学部附属病院および関連病院の勤務を経て、2004年に上京。東京大学大学院身体教育学研究科にてスポーツ・健康医学を学ぶ傍ら、女性外来での診療経験を積み、2010年4月に東京都中央区に四季レディースクリニックを開院。日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本女性医学学会認定女性ヘルスケア専門医。https://www.4season-cl.com/

梅つま子のプロフィール写真

梅 つま子

インテグロ認定月経カップアンバサダー。関東在住、2児の母。高校教員→大学院進学→博士号(人文科学)取得→大学教員→退職→開業→現在に至る。 保育士資格、整理収納アドバイザー準1級取得。子育て中の生理をストレスなく過ごしたくて、2017年8月から月経カップを愛用。ブログ「明日も暮らす。」では、 家事と子育てを楽しく、シンプルに。暮らしやすくするためのモノやコト、考え方を書いている。https://www.tsumako.com

木下 綾乃のプロフィール写真

木下 綾乃

インテグロ 生理ケア&月経カップアドバイザー。3歳から水泳を始め、約18年間競泳選手として活躍。筑波大学大学院博士前期課程修了(体育学)。2017年月経カップと出会い、カップを通じて女性がより自由に過ごせるようにサポートしたいと思うように。カップの選び方や使い方、経血量やライフスタイルに合わせた生理ケアについてワークショップなどを開催している。一般社団法人ウィメンズヘルスリテラシー協会主催の講座全10回修了。