おすすめの月経カップは?形、サイズ、使いやすさを比較してみた。

2020.06.02

ナプキンでもない、タンポンでもない、新しい生理用品「月経カップ」。

その種類とブランドは世界にはいろいろあります。どれも形やサイズ、特徴が大きく異なるため、どのカップが最も使いやすいのかがなかなか分かりません。
そこで今回は6つの月経カップを実際に使って比較してみました。
カップの特徴、手に取ったときの第一印象さらには使ってみた感想などを細かく解説したうえで、その中でもおすすめの月経カップをご紹介します。


月経カップの購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

カラフルな月経カップ

月経カップには種類がいろいろ!それぞれの特徴と使ってみた感想を一挙ご紹介!

日本でも徐々に注目の集まってきた「月経カップ」ですが、アメリカやヨーロッパ諸国では個性あふれるさまざまなカップが続々と製造•販売されています。

どれも形や大きさ、触り心地などが異なり、一体どのカップが自分に合っているのか分からない!という方のために、現在日本国内で医療機器として正式に販売されている6種類の月経カップを比較してみました。

比較したカップ

今回比較した月経カップは、国内で正式に販売されているスクーンカップ 、メルーナ、ローズカップ、エヴァカップ 、スーパージェニー、ディーバカップです。

それぞれ、製造している国やカップの形、容量や素材が異なります。

では、1つずつその特徴と使ってみた感想を整理して紹介していきます。

 

スクーンカップ(Sckoon Cup)スモールサイズ

アメリカ製の月経カップ

スクーンカップ(Sckoon Cup)スモールサイズ(amazonより)

スクーンカップはアメリカで製造されている医療用シリコーン100%のカップです。

パッケージには大きく「Your period will be breeze」(あなたの生理を快適に!)と書いてあり、カラフルなパッケージのためお店にあったらつい手にとってしまうデザインになっています。

容量は23ml、スクーンカップは尻尾部分(以下:ステム)が長めに作られているのが大きな特徴です。

連続使用が可能な時間は12時間。

リム(縁)とカップ本体が他のカップよりもかなり肉厚なため、挿入時に小さく折りたたみ、その状態を指で保持するのに力が必要でした。

最初は難しく感じるかもしれません。

カップ自体が小さいため、挿入途中でカップが開き始めてしまい、最後はグイグイと自分の力でカップを押し込むような形で挿入しました。

内側に折りたたむ「パンチダウンフォールド」は折りにくいためおすすめしません。

スクーンカップ で折りやすく、挿入しやすかったのは「Cフォールド」です。

Cフォールドに折った月経カップ

使ってみると、容量が少ないために量が多い日は漏れが心配になりそうな印象を受けました。

実際、漏れることはありませんでしたが、こまめに付け直す必要があり、長時間の使用には向いていないように思います。

長いステムは引っ張るとかなり伸びるため取り出しにくいと感じ、爪を立てたらすぐにちぎれてしまいそうでした。

結局私はステムの根元を持ってカップを取り出していたため、個人的にはステムが長い=取り出しやすいと実感しませんでした。

ステムで重要なのは、長さではなく、強度なのではないかと思います。

 

メルーナ(Me Luna)ソフトタイプ

メルーナはドイツで製造されており、TPE(熱可塑性エラストマー)という素材で作られています。

TPEはシリコーンより安価なゴムに近い素材で、環境によってゴムであったりプラスチックであったりする性質を持つ樹脂のことで、ゴムとプラスチックの中間的なものです。

容量はスクーンカップと同じく23mlと容量は少なめ。

連続使用が可能な時間は8時間。

ステムがリング型になっているので、そのまま引っ張ることもできますし、付属の紐を結んでおけばタンポンのように取り出せるため安心感があります。

月経カップはまず挿入すること自体に抵抗がある方が多いと予想し、今回はソフトタイプを選択。

そのやわらかさで手に取ったときはどの形にも折りやすく、「これなら、無理なく挿入できそう!」という安心感がありました。

しかし、実際に挿入すると折りたたんだ状態からカップを開かせるのがとても難しく、それが原因でたびたび漏れてしまうことがありました。

内側に折られたリム(縁)の反発でカップを開かせる「パンチダウンフォールド」の折り方は、柔らかい素材のカップには適さず、挿入時にカップを完全に開かせようと何度もやり直しているうちに痛くなることもあります。

したがって、メルーナカップでおすすめの折り方は「Cフォールド」または「セブンフォールド」でした。

青い月経カップとピンクのネイル

折口がセブンになる折り方

(上:Cフォールド/下:セブンフォールド)

カップ全体がやわらかいと小さく折りたたみやすく入れやすいため初心者には安心感があるのですが、実は腟内でパッとうまく開かず苦労するかもしれません。

さらに、うまく挿入できても、カップ本体が腟圧に負けてしまい、歪んだ部分から経血が漏れやすくなることもわかりました。

 

ローズカップ(Rose Cup)

日本製の月経カップ
ローズカップ(Rose Cup)(ローズカップウェブサイトより)

 

ローズカップは現在唯一の日本製の月経カップです。

当然ですが、説明がすべて日本語のため、他の輸入製品に比べるとパッケージを見た瞬間の安心感がありました。

これまで紹介した月経カップの中で最も小さく、容量は18ml。

連続使用が可能な時間は12時間です。

サイズが小さいということで、カップ初心者にはなんとなく気持ち的に受け入れやすいのは理解できます。

リム(縁)の内側には漏れないように内羽がついているのが他の製品にない特徴です。

ステムは細くて短く、伸縮性はほとんどないため、細い割にしっかりした作りになっています。

ただ、実際に使ってみるとカップが小さすぎるため、折りたたみにくく、さらに挿入している途中でカップが開いてしまい、なかなか正しい位置まで行き着くことができませんでした。

初心者の方には難しいかもしれません。

大きさはスクーンカップに似ているため、ローズカップに適した折り方は「Cフォールド」です。

エヴァカップの折りたたみ方

私の手が大きいこと(昔から言われる)が原因なのか、月経カップの扱いには慣れているはずでしたが、今までで最も挿入に苦労し、何度も繰り返すうちに痛くなってしまいました。

経血の量が普通の日に使用しましたが、なかなか奥まで挿入できなかった分違和感がずっと残りました。

そして、やはり気になるのは、18mlという容量。

この容量では長時間使用には耐えらるのか不安があり、月経カップ自体のメリットが半減してしまいそうです。

また、リム(縁)の内側には漏れないように内羽がついているのですが、1日使用するとこの内羽に経血汚れが溜まってしまい、ほかのカップに比べて洗浄に時間がかかったのも難点でした。

こちらのカップは欧米の女性に比べて小柄な日本人向けに作られたということですが、そもそも本当に腟のサイズは人種によって違うのかな?と思い、産婦人科の先生に確認したところ、

「腟のサイズについては体格に比例すると思いがちですが、体格差よりも個人差が大きい部分です。なので、人種の差というのもまずないです!」という回答をいただきました。

詳しくは、「月経カップの選び方 間違いやすい4つのポイント 」も参考にしてみてください。

 

エヴァカップ(EvaCup)スモールサイズ


エヴァカップ(EvaCup)スモールサイズ

エヴァカップはアメリカで開発・製造されています。

パッケージがとてもかわいいので気分が上がります。

箱を開けると、カップを入れるコットンポーチと日本語で詳しく書かれた使い方説明書が入っています。

身体への安全を第一に考えられ医療用シリコーンを100%使用、さらにFDA(アメリカ食品医薬品局)の認証も受けているので非常に高品質です。

挿入しやすく取り出しやすい形状のため、月経カップの初心者におすすめ。

容量は30mlでスクーンカップ とメルーナの2つに比べると多めですが、容量の割に見た目はそれほど大きくありません。

連続使用が可能な時間は12時間。

カップ全体的にはやわらかいながらも、カップの上部には程よい厚みと弾力があり、挿入後の開きやすさを感じました。

弾力があると痛いのでは?と思われる方もいると思いますが、きちんと折りたたみ、リラックスした状態で挿入できれば、痛いと感じることはありませんでした。

ただ、取り出す時はリム(縁)が腟口に引っかかって痛みや違和感の原因になりやすいので、最後までリムを折りたたんだ状態で取り出すことを意識してくださいね!

リムに弾力があるという点から、エヴァカップのおすすめの折り方は「パンチダウンフォールド」です。

おすすめの月経カップの折りたたみ方

この折り方は、今回ご紹介している3種類の折り方のうち、先端がもっとも細くなる(タンポン程の細さ)ため挿入しやすく、かつ内側におられたリムの弾力でカップが開きやすくなります。

ステムは短め、引っ張ってもと伸びてしまうことがなくしっかりしているので、外す際に力を入れやすく、多少爪を立ててもちぎれるような心配もありません。

容量が十分にあるので、量が極端に多い日でなければカップのみで長時間使用しても漏れることはありませんでした。

日中忙しく何度もトイレに行けない方や、経血量の多い方には、カップを選ぶ際にこのくらいの容量は最低限必要だと思います。

 

スーパージェニー(Super Jennie)スモールサイズ


スーパージェニー(Super Jennie)スモールサイズ

「生理中の女性を救う!」というスーパージェニーのキャラクターが描かれたアメコミ風のパッケージが私は好きです。

箱を開けると、カップを入れるコットンポーチと日本語で詳しく書かれた使い方説明書が入っています。

エヴァカップと同様アメリカ製、医療用シリコーンを100%使用しています。

月経カップのキャラクター「ジェニー」月経カップのキャラクター「ジェニー」

容量は32mlと、これまで紹介してきたカップの中で最も大きいのが特徴。

連続使用が可能な時間は12時間。

経血量が多い2〜3日目や就寝中でも安心感があります。

容量41mlのラージサイズは、数ある月経カップの中でもトップクラス。

子宮筋腫などにより経血量が特に多く漏れで悩んでいる方、長時間使用したい方に絶対おすすめです。

ころっとしたベル型のため、初めて手に取ったときは、「これが入るの?!」と心配になるほど大きいと感じましたが、使ってみると本体がかなりやわらかいため、エヴァカップと同様に挿入しやすく、さらに取り出しやすかったです。

リム(縁)の弾力はほどよく、折りたたんで挿入した後は弾力で勢いよくカップがパカっと開いてくれます。

おすすめの折り方はエヴァカップと同様、「パンチダウンフォールド」です。

親指と人差し指と親指で持つ月経カップ

これなら、カップがうまく開かないために漏れてしまうということがありません。

容量が大きいにも関わらず、違和感や痛みはなく、挿入してしまえば普段と同じように過ごすことができました。

また、丸みのあるベル型のためか膣内でのフィット感が非常によく、思った以上に快適。

そのため、うっかり最大時間の12時間付けっ放しのこともあり、慌ててトイレに駆け込んだこともありました。

ステムは短めですが、表面に凹凸がついていることで取り出す際の滑り止めのような役割を果たしてくれます。

 

ディーバカップ(DivaCup)

ディーバカップ
ディーバカップ(DivaCup)(ディーバカップジャパンより)

ディーバカップは、2003年カナダで誕生した、世界で最も売れている月経カップのリーディングブランドです。

北米での取扱店は65,000店舗以上、Amazonの月経カップカテゴリーでは、売上ランキング1位の常連。

そのユーザー数世界一の月経カップが2020年5月から日本でも販売が開始されたというので、さっそく試してみました。

きちんと日本語のユーザーガイドが入っていて、安心感もあります。

一般的に、月経カップはスモールとラージの2サイズ展開のものが多いと思いますが、ディーバカップはモデル0、1、2の3サイズ展開となっており、女性のライフステージに合わせてサイズを選ぶことができるのが他のカップにはない利点です。

ディーバカップのサイズ

容量は、モデル0が20ml、モデル1が20ml、モデル2が32ml。

連続使用が可能な時間は12時間です。

他のコロッとしているカップと比べると、長くてスマートな形状をしていますよね。

特に、10代のために作られたモデル0は、折りたたむと先端がタンポンほどの細さになるので、初潮を迎えて間もない方、中高生、セックス経験がない方、月経カップは初めてで挿入が不安な方にはピッタリだと思います。

ステムは太くてしっかりした印象ですが、触ってみると中が空洞になっているので全体的に柔らかく、挿入後の違和感はありません。

ディーバカップでおすすめの折り方は、「Cフォールド」(ユーザーガイドではUフォールドとなっています。)です。

モデル0と、中間のモデル1は細いので、複雑な折り方をするよりも、シンプルな2つ折りがよかったです。

エヴァカップの折りたたみ方

Cフォールドよりも細くしたい方や、モデル2を使用される方は、「パンチダウンフォールド」(ユーザーガイドではプッシュダウンフォールドとなっています、)がおすすめです。

親指と人差し指と親指で持つ月経カップ

挿入後はすぐにとカップが開き、特にモデル0に関しては「腟内でカップを開かせる」という動作がいらないほど簡単でした。

(他のカップでは、カップの底部を押したり、上下に動かしたりして調整する必要があります。)

一方の取り出しも、カップ底部がかたくてしっかりしているので摘みやすく、ギュっとつぶすとパコッと、密閉が解除されるので、取り出しもスムーズでした。

挿入しやすくて、取り出しやすい、「これが世界一の月経カップか!」と関心してしまいました。

長さのあるカップなので、何度もいきまなくても指先にカップが届くので、これからカップデビューされる方、取り出しに不安のある方には特におすすめです!

また、エヴァカップやスーパージェニーを使っている方で、もう少し小さいカップが気になるという方も、ディーバカップのモデル0やモデル1は、量が少ない日のお役立ちアイテムになると思います。

 

比較した結果を発表。本当におすすめの月経カップとは?

今回6種類の月経カップを比較し、その特徴や使ってみた感想を紹介してきました。

大きさや素材、ステムの長さや強度、形や容量などに特徴があり、それぞれによい面わるい面がありました。

その中でも、月経カップを使う際に一番必要なポイントである、漏れにくい、挿入しやすい、取り出しやすいという3点を満たした3つのカップをおすすめします。

おすすめの3製品

6種類のカップを比較した結果、おすすめしたいカップは「エヴァカップ」と「スーパージェニー」「ディーバカップ」の3つです。

どちらも他の3種類のカップと比べて容量が多めで、最初は見た目でやや圧倒されてしまいますが、最初の恐怖心を拭い去ることができれば、一番使いやすく快適に生理期間を過ごすことができました。

ディーバカップに関しては、モデル0という初心者や10代の方でも安心して使えるサイズのカップがあるので、部活や習い事に打ち込んでいる娘さんにも安心しておすすめできそうです。

私自身、慣れるまでの数回は挿入位置が甘く、漏れることもありましたが、2回3回と繰り返していくうちに自分のベストポジションが分かるようになります。

さて、数多くあるカップの中から3つまで絞っておすすめしてきましたが、購入を考えている方はここからさらに、「どちらがいいのだろう??」と悩むのではないでしょうか?

では、あなたに本当に合う月経カップはどちらでしょうか?

おそらく多くの方が下記のどちらかに当てはまるはずです。ぜひ参考にしてください。

  • 月経カップ初心者で、挿入後の開きやすさを重視したい方。経血量もそこそこカバーしたい方 → エヴァカップ
  • カップ本体の柔らかさを重視したい方。とにかく経血量の多さに悩んでいる方 → スーパージェニー
  • 月経カップに興味があるけど、挿入も取り出しも不安。特に取り出しが不安な方 →ディーバカップ

経血量の状況によって使いわけることもできるので、将来的にはブランド違い、サイズ違いの複数持ちでもよいと思います。

 

私の場合は、

  1. エヴァカップを試したら、よかったのでスーパージェニーも試してみた。
  2. 生理始まりと終わりかけの時はエヴァカップ、量が多い2〜4日目はスーパージェニーと日によって使い分けるようになった。
  3. サイズ違いを買って、その日の経血量や気分、予定などによってどのカップを使うか決めるようになった。
  4. 経血量がかなり減るころ、エヴァカップやスーパージェニーよりも容量が少ないカップを使いたくなり、ディーバカップのモデル0を使うようになった。

この4つの流れは月経カップビギナーから、カップ複数個持ちユーザーに至るまでの過程(約3ヶ月間〜2年半)です。

4ヶ月目以降にラージサイズを試し、長時間外出する日や、夜行バスや飛行機などの長距離移動をする際に活用しています。

そして最近になり、経血がほぼ出なくなる(それでも生理用品は必要)ときに合わせて、特に細長いディーバカップのモデル0を活用するようになりました。

生理は日によって経血量に波があるため、さまざまな容量のカップを分けることで、生理期間の快適度がさらにアップします。

経血は意図せず出てくるものですが、カップを使うようになってからは、生理を自分でコントロールしている気分にもなります。

 

さいごに

雨上がりに傘をさす少女

今回ご紹介したエヴァカップとスーパージェニーの開発者は、ご自身が長年経血量の多さや重い生理痛に悩んでいて、同じように辛い思いをしている女性たちの悩みを解決したいという思いから、研究を積み重ねて開発したそうです。

一方のディーバカップは、フランシーヌ・チェンバーズと、その娘のキャリーン(ディーバ共同創業者、CEO)の、母娘二人三脚によって2003年に開発されました。

生体適合性が証明されている100%医療用シリコーン製の月経カップは、身体にも地球環境にもよく、快適で不安がなく、私たちに活動の自由をもたらしてくれます。

このような開発者の想いを知ってからカップを手に取ると、さらにありがたみが増しますよね。

少なくともあと30年近く生理が続くと思うと気が遠くなってしまいますが、多少の初期費用がかかっても楽しく快適に生理を過ごせるならなんでも試してみよう!と思っできませんか?

 

今回ご紹介した月経カップは下記のショッピングサイトより購入可能です。

インテグロ公式オンラインストア

インテグロ楽天市場店

Amazonオンラインストア

ディーバカップ公式オンラインショップ

 

まずは、月経カップの特徴と使い方についての動画をチェック!

 

月経カップ使用歴約1年の梅つま子さんの「生理が来るのが楽しみに!月経カップの特徴、サイズ、使いやすさを比較してみた使用レポ」もおすすめです。

「容量」「サイズ」をはじめ、「装着しやすさ」「漏れにくさ」「はずしやすさ」についてなど非常に詳しく書かれていますので、月経カップ選びの際にぜひ参考にしてみてください。

 

関連記事:

月経カップの選び方 間違いやすい4つのポイント

新しい生理用品「月経カップ」とは?メリットとデメリット

人生で生理にかかる費用って一体どのくらいなの? 生理用品別でシミュレーションしてみた

月経カップ選びに役立つ!月経カップのデザインと機能を徹底解説

インテグロ株式会社  生理ケア&月経カップアドバイザー

1990年東京生まれ。筑波大学体育専門学群 卒業、中高保健体育教員免許取得。筑波大学人間総合科学研究科体育学専攻 博士前期課程 修了。

小さいときから身体を動かすことが好き。3歳から水泳を始め、約18年間競泳選手として活躍。大学院在学中は、スポーツを通じた国際協力としてNGOにてカンボジアの小学校の体育科教育の普及に携わる。また、日本では小学生から大人までの幅広い年齢層に水泳の指導を行う。

2017年月経カップと出会い、生理中の過ごし方や生理に対する捉え方が大きく変わり、月経カップを通じて女性がより快適で自由に過ごせるように、社会や家庭でアクティブに活躍する女性たちをサポートしたいと思うようになる。世界中の数十種類もの月経カップを試してきた経験から、月経カップの選び方や使い方、経血量やライフスタイルに合わせた生理ケアについて、アドバイスを行ったり、ワークショップを開催したりしている。

現在、女性の体や性教育、妊娠・出産・子育てについてより専門的な知識を身につけるため、一般社団法人ウィメンズヘルスリテラシー協会(代表理事:丸の内の森レディースクリニック 院長 宋美玄先生)主催「これだけは知っておきたい」講座修了。